老人会会則


駒場祭委員老人会会則

第一条 本会は駒場祭委員老人会(略称KFCOB会)と称する。
第二条 本会は会員相互の親睦を図ると共に、駒場祭の発展に協力することを目的とする。
第三条 本会は第二条の目的達成のため、会報及び会員名簿の発行その他の必要な事業を行う。
第四条 本会は教養学部駒場祭委員会の出身者、及び会長に届出をした五月祭常任委員会の出身者(正会員)並びに会長の推薦のあった関係者(特別会員)をもって組織する。
第五条 本会に次の役員を置く。
    会長    一名
    幹事長   一名
    常任幹事    六名
    年度幹事    各年度より一名
    監査役      一名
第六条 本会に役員として、長老及び相談役を若干名置くことができる。
第七条 会長は正幹事会において正会員の中より選出する。
 2  幹事長は常任幹事の互選により選出する。
 3  常任幹事は次の各号により選出する。
  一 年度幹事の互選により三名を選出する。
  二 会長の指名により三名を選出する。
 4  年度幹事は各年度の正会員の中から選出する。
 5  監査役は正幹事会において正会員の中から選出する。
 6  長老及び相談役は会長が委嘱する。

第八条 第五条及び第六条の役員任期は三年とする。補充役員の任期は前任者の代表期間とする。
第九条 会長は会務を統括し、本会を代表する。
    会長不在の場合は常任幹事及び年度幹事の中から会長があらかじめ指名した順序で会長を代理する。
 2  幹事長は会務を掌り、会長を補佐する。
  3  常任幹事は会務を執行する。
 4  年度幹事はその年度の会員の連絡にあたり、これを代表する。
 5  監査役は本会の業務を監査し、正幹事会においてこれを報告する。
 6  長老及び相談役は本会の重要事項に関して諮問にあずかる。
第十条 本会は必要に応じて委員会を設けることができる。
第十一条 総会は会長が召集して、毎年一回これを開く。なお必要に応じて臨時総会を開くことができる。
  2  正幹事会は会長、常任幹事(幹事長を含む)年度幹事をもって構成し、会長または幹事長の召集により毎年一回以上これを開く。
  3  常任幹事会は会長と常任幹事(幹事長を含む)をもって構成し、会長または幹事長の召集により随時これを開く。
第十二条 本会の常務を処理するため、事務局を設置する。
  2  事務局には、事務局長一名をおく。
  3  事務局長は、常任幹事会において学識経験のあるものの中から選任する。
第十三条 本会の経費は会費及び寄付金をもってこれにあてる。
  2  本会の会計年度は、毎年一月一日に始まり、十二月三十一日に終わる。
第十四条 本会会員は年会費を一口一○○○円として、社会人は二口以上、学生は一口以上を納入するものとする。
  2  特定の会員に関しては常任幹事会の議を経て、会費の納入を免除することができる。
第十五条 この会則の変更は正幹事会において出席幹事の過半数の同意を要するものとする。
第十六条 この会則に定めるものの他、この会則の施行に関し必要な事項は、会長が規則で定める。

付則
 この会則は昭和五十九年十一月二十五日から施行する。
付則
 この会則は昭和六十二年一月十七日から施行する。
付則
 1 この会則は昭和六十一年一月一日から施行する。
 2 この会則による改正後の第十一条の二第三項の規定に関わらず、当分の間事務局長は学部三年時在学の幹事の中から選任することを原則とする。
付則
 この会則は平成二年九月一日から施行する。
付則
 この会則は平成五年七月二十四日から施行する。


会長規則第一号

 駒場祭委員老人会第十六条の規定に基づき、及び同規約を実施するため、駒場祭委員老人会規約施行規則を次のように定める。
              昭和六十二年一月十七日

駒場祭委員老人会会則施行規則

第一条(五月祭委員の届出)
    会則第四条に基づく五月祭委員の会長への届出は様式一によって行う。
第二条(削除)
第三条(総会の出席)
 1  総会は会員及びその家族に限り出席することができる。
  2  前項の規定に関わらず、会長が許可したものは総会に出席することができる。
第四条(総会の参加費)
    在学生については、総会の参加費を減免することができる。
付則
この規則は昭和六十二年一月十七日から施行する。
付則
この規則は昭和六十三年一月一日から施行する。
会長告示第一号

 駒場祭委員老人会会則第九条の1の規定に基づき、会長があらかじめ指名した順序は、年度幹事の中の年次の順とする。

               平成五年七月二十四日
                    駒場祭委員老人会会長 西村 淳

(2003/11/12 老人会事務局)